北海道を満喫するためにレンタカー比較を!

広大でとても広い北海道は、他の地域と比較しても、全てを回りきるには多くの日数を要します。また、北海道でレンタカーを借りて旅行を楽しむのも、とてもいい方法ですが、レンタカー比較をして選ぶ事も重要な事です。ここでは北海道で、どんなレンタカー比較をして検討してみましょう。

■北海道のレンタカー比較
北海道でご利用のレンタカー比較する部分としては、レンタカー業者のシステムと借りる時の値段や、車のタイプなどが検討の主な対象ですが、一番大事な事はその車で快適な運転ができるかにかかっています。また、広大な土地で主要な都市から、都市までの移動距離が比較的長い事も、考慮しなければなりません。このためシステムは、『ワンウェイ』システムがもっとも有効で、当然主要な都市に借りた先の系列会社があるかも、重要な項目になるでしょう。従って規模が小さな業者は控えた方が良く、値段だけを見て価格が安いレンタカー比較するのは、やめておいた方が良いでしょう。

■北海道のエリア
北海道はとても広い陸地ですが、都市ごとにそのエリアがほぼ決まっており、レンタカー会社の系列会社もエリアごとに分かれている事が多いのです。北海道内の主な人気エリアは、南の方から函館・道南エリア、札幌周辺エリアから東に帯広・十勝エリア、釧路・根室エリアとなり、中部は旭川・富良野エリアから東へ網走・北見エリア、そして最北端が稚内・利尻エリアとなっています。これらのエリアは北海道でも人気の観光地となっている場所が多く、そうした場所には必ず、こうしたレンタカー会社があるのが、当たり前になっています。

■北海道の概要
北海道は自然が沢山あり、梅雨が無い事で知られています。夏季のシーズンが少ない事も特徴で、かなり涼しいと思われがちですが、最近は温暖化の影響なのか真夏でも、35℃を超える場所があると聞きます。しかし、それでも全体から見ると、かなり涼しい場所なのは確かで、海水の水温もかなり低めだと言えるでしょう。元々はアイヌ人が住む土地でしたので、その地名は難しいものが多く、漢字も当て字が多いので読みにくいのですが、最近はWEBで読みを確かめる事ができますので、これを利用すると良いでしょう。また、そのいわれを調べてみると新しい発見もある事でしょう。

北海道のレンタカーを比較するのは、観光目的により選ぶのが1番ですが、利便性に長けている業者が一番です。優先順位は、系列会社が観光目的先のエリアにある事、目的に合ったタイプの車種がある事、そして最後に値段の比較となります。

投稿日:

北海道の道路事情は?

北海道は都市と都市との間隔が長く、北海道内でも隣り合った町が、数十キロ離れている事などざらにあります。従って、道民の家族の中でも車を持っていない者はほとんど居なくて、一家庭には必ず車があるものです。それほど車は北海道で生活する上で重要な交通手段と言えるでしょう。

■北海道でのレンタカーは大きめがいい
北海道の道路の特徴は、その直線距離の長さにあります。郊外になればなるほどその特徴は顕著で、直線道路がまるで地の果てまで続いているように見えるほど、果てしなく広がっています。そのために、小回りの利く小型車は意外と燃費が悪く、スピードを上げるとエンジン音がうるさく感じる車種もあります。また小型車は、スピードが上がるとその振動も激しく伝わり、風きり音が車内まで聞こえますし、タイヤが小さい為にハンドルを取られやすくなるという欠点があります。その為に中型車以上が燃費に優れており、加速もスムーズに行われるほか、走行中も比較的静かです。

■北海道の雄大な自然
北海道は本当に大自然の多い場所で、他の地域にはない特色です。特に車を走らせるのには、国内では最適の場所と言えるでしょう。ただし走りやすくて、直線道路が多いのでスピードの出し過ぎには、特に注意が必要です。レンタカーでスポーツカーを借りると、ついついスピードを出し過ぎてしまいますので、要注意です。地元警察でもそれが分かっている為に、スポーツカーは必ずと言って良いほど、マークされますのでご注意ください。旅行先で違反切符を切られると、その後の北海道旅行も気分の悪い事になりがちなので、交通マナーは守りましょう。

■北海道で運転中の注意
北海道の郊外で運転していると、直線距離も長く一定のスピードを出している為に、運転が単調になっていきます。観光初日は感動の為に景色を眺めて満足しますが、道路の景色もそのうち単調に思えて来てしまいます。このため、北海道では居眠り運転も多くなりがちで、これを防ぐ為に色々な工夫も必要になって来ます。必要な事は前日までの睡眠で、疲れたままの運転は重大な事故に繋がります。また小まめな休憩も必要ですので、1時間おきに休憩するなど、あらかじめ決めておきましょう。また同乗者の協力も必要で、会話を楽しむ事で頭を回転させる事ができます。

北海道では思い切り、車のドライブを楽しむ事ができます。しかし、スピードが出やすいために、重大な事故も多く発生しています。特に自然が多い為に、野生の動物たちが道路内に飛び出す事もありますので注意が必要です。

投稿日:

北海道内の旅行、車でどこまで行けるの?

北海道は地図を見てみると、比較的狭く見えるので簡単に端から端まで、楽に行けそうに感じるのですが、実際北海道は端から端まで行こうとすると、半日走り続けなければならないほど遠いものです。主となる都市までどれ位な時間が必要となるかを見て行きましょう。

■北海道エリアごとの距離とその時間
北海道で利用がよくされるエリアごとの距離と時間は、車で走行すると函館から札幌までは248㎞で約5時間かかります。札幌から右回りに札幌から旭川までは130kmで約3時間、旭川から稚内までは250㎞で約5時間、旭川から紋別までは140㎞で約3時間、旭川から網走経由で斜里へは260㎞で約5時間半、斜里から根室までは145㎞で2時間40分、根室から釧路までは124㎞で約2時間15分、釧路から帯広では120㎞で約2時間半、帯広から浦川を経由して苫小牧まで行くと270㎞で約5時間半、苫小牧から札幌までは65㎞で約2時間とかかり、改めて土地の広さを思い知らされる時間と距離です。

■北海道エリアの函館グルメ
北海道の南部をレンタカーで、旅行する時の楽しみの一つに食事があります。北海道旅行の旅での目的は観光が主な事が多いのですが、それぞれの地域には特色のある物産があり、それを楽しむのも旅の目的でしょう。函館には特産品も多いのですが、特にイカは有名でイカを用いた加工品が名物です。いかめしやイカの塩辛、新鮮なイカを使ったイカそうめんなどは、まさに絶品と言えるでしょう。また以下の沖漬けなどは、熱いご飯に乗せても良し、お茶漬けにも良しで、酒の肴にも合います。函館では塩ラーメンも有名ですので、味わっておきたいものの一つです。

■北海道の変わった食生活
北海道民が当たり前に行っている事も、他の地域で見ると意外な事は良くある話で、焼き肉に関しても基本的に北海道民は、羊肉をよく食べます。他のエリアではジンギスカンと言われています。普段、公園などでは火気厳禁ですが、桜が咲き、花見の時期になると焼き肉OKとなり、どの花見の集まりでもジンギスカンが振る舞われます。これは季節を通して一年中食べられており、驚く事には海水浴場でもビーチパラソルの元で、普通に焼いている光景は、他の地域の方々から見ると異様な光景に映ります。しかし、道民にとってはこれは至って普通ですので、所変わればというものでしょう。

北海道は広大な土地ですが、どの土地へ行っても美味しいものあり、自然ありと見るもの全てが別世界に感じられる事でしょう。レンタカーを借りて来たの最果てを目指してみるのも、旅行の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

投稿日:

北海道のおすすめスポット!

北海道は広く、北海道全域を一度に回るのはとても難しく、電車などの交通機関の無い場所も沢山あります。交通機関の届かない場所を、レンタカーなどを使って巡ってみるのも、旅の良い思い出になるでしょう。ここでは特に思い出になりそうな場所に、スポットを当ててみました。

■北海道最東端のスポット
北海道の最東端といえば、根室の納沙布岬になります。この場所は国際問題でもある歯舞、択捉、積丹、国後と北海道の北方四島に近い場所とあって、辺ぴな場所ながらも多くの観光客が訪れる場所です。冬場にはオホーツク海から流れて来る流氷も、この地の人気のスポットとなっており、広大な湿原もこの場所の魅力となって、野生のエゾシカやエゾリス、野鳥などの姿を見る事ができる貴重な場所でもあります。根室は海鮮類も美味しく有名ですが、根室名物といえば『エスカロップ』が超有名です。これは炒めたライスにとんかつを乗せてデミグラスを掛けたものですが、この地の名物となっています。

■北海道最西端のスポット
北海道の最西端は意外や意外、函館からそんなに遠くない場所の尾花岬という場所です。少しわかりづらい場所ですが、南から行くと太田トンネルがありますので、これを目印にすると良いでしょう。辺りは防波堤で囲まれてはいますが、これを越える事で岩場の海を目にする事ができます。勿論降りて目にする事もできますが、険しい岩が多く足元も不安定ですので、降りて海岸を見るには足元のしっかりとした靴を履いていないと危険です。近くにはほとんど何もない場所ですが、『太田山神社』があります。この神社は危険な神社として有名ですので、立ち寄らない方が無難です。

■北海道最北端のスポット
北海道の最北端という事は、現在の日本ではここが日本の最北端という事になります。北方四島があれば、択捉島といえますが、今は宗谷岬の先にある弁天島が、一番北となっています。この場所は北海道でも超人気の場所で、○○最北端の店という場所が多いのが特徴でしょう。とりあえず最北端の店巡りをやるのも面白いかもしれません。天候に恵まれれば、遠くサハリンを見る事の出来る場所で、流氷なども見る事ができます。ここからの夕日も見所となっていますが、暗くなると周辺のライトアップでロマンチックな風景に早変わりします。北端とあって感慨深いものになる事でしょう。

北海道の隅々をまんべんなく回るというのは、少し難しいようですが、先端巡りや岬巡りは楽しく回れるコースの一つでもあります。グルメを楽しみながら一つ一つ制覇していくのも、旅の醍醐味ではないでしょうか。

投稿日:

レンタカーは乗り捨てもアリ!

レンタカーを利用する時には、借りた会社と違った会社に返却する事を『乗り捨て』と言います。しかし返却先は、同じ系列の会社でなくてはならず、多くは有料で借りたレンタカー代以外の料金が発生します。しかし、ある条件の下では有利になる事も多々あります。

■レンタカー乗り捨て
レンタカー乗り捨て制度は、レンタカー業者によって様々な対応があり、基本的には有料です。しかし特定の条件下でこれが有利になる事があります。例えば借りた日にちに片道1万円かかる場所を、同じ場所に返却しなければならないとすると+1万円かかりますが、返却してもまた帰る時に交通機関を使っての交通費が掛かる為に、この差額が1万円+帰りの交通費以下の乗り捨て金額であれば、お徳という事になり本来ろうにするはずだった時間も消費せずに済みます。また、業者によっては50㎞以内の営業所であれば、無料などという場所もあります。

■北海道のレンタカー乗り捨て
北海道のレンタカー会社の多くは、『ワンウェイ』制度という乗り捨てシステムを使っている業者が多く、これは北海道の決められたエリア内であれば、無料で済むというものです。例えば北海道の札幌でレンタカーを借りて、同じ札幌エリア内であれば、東西南北でどんなに離れていても、同じ系列の営業所でありさえすれば、無料となるものです。ただし、これがエリアから離れた場所になると、別途有料代金が発生しますので返却場所には注意をしなければなりません。また、エリア外であっても北海道から離れた本州などは、対象外となる事がありますので注意が必要です。

■北海道旅行で『ワンウェイ』制度を使おう
北海道でレンタカーを使いながら、北海道旅行を楽しむという方法は、コツも要ります。北海道でのエリアごとの営業所を把握必要もあり、返却後に次のエリアに進むためには、公共の交通機関などを使って移動しなければならないからです。コツとしては、大きな駅でなくても観光地であれば、レンタカー会社がほとんどの地域で見つかりますので、あらかじめ北海道内で観光場所の予定を組んでおいて、この路線上にあるレンタカー会社をピックアップしておくのが良いでしょう。ただし、同じエリア内でレンタル場所と、返却場所の2カ所を把握しておく必要があります。

北海道観光を楽しむには、『ワンウェイ』制度を使ってレンタカーを使うのもいい方法で、これにはきちんと旅行の予定を組んでおく必要があります。レンタカーは、電車などでは行く事の出来ない場所へと、速やかに行けますので穴場を探すのにも有利だと言えます。