他では考えられない? 北海道内の旅行、車でどこまで行けるの?

北海道は地図を見てみると、比較的狭く見えるので簡単に端から端まで、楽に行けそうに感じるのですが、実際北海道は端から端まで行こうとすると、半日走り続けなければならないほど遠いものです。主となる都市までどれ位な時間が必要となるかを見て行きましょう。

北海道エリアごとの距離とその時間

北海道で利用がよくされるエリアごとの距離と時間は、車で走行すると函館から札幌までは248㎞で約5時間かかります。札幌から右回りに札幌から旭川までは130kmで約3時間、旭川から稚内までは250㎞で約5時間、旭川から紋別までは140㎞で約3時間、旭川から網走経由で斜里へは260㎞で約5時間半、斜里から根室までは145㎞で2時間40分、根室から釧路までは124㎞で約2時間15分、釧路から帯広では120㎞で約2時間半、帯広から浦川を経由して苫小牧まで行くと270㎞で約5時間半、苫小牧から札幌までは65㎞で約2時間とかかり、改めて土地の広さを思い知らされる時間と距離です。

北海道エリアの函館グルメ

北海道の南部をレンタカーで、旅行する時の楽しみの一つに食事があります。北海道旅行の旅での目的は観光が主な事が多いのですが、それぞれの地域には特色のある物産があり、それを楽しむのも旅の目的でしょう。函館には特産品も多いのですが、特にイカは有名でイカを用いた加工品が名物です。いかめしやイカの塩辛、新鮮なイカを使ったイカそうめんなどは、まさに絶品と言えるでしょう。また以下の沖漬けなどは、熱いご飯に乗せても良し、お茶漬けにも良しで、酒の肴にも合います。函館では塩ラーメンも有名ですので、味わっておきたいものの一つです。

北海道の変わった食生活

北海道民が当たり前に行っている事も、他の地域で見ると意外な事は良くある話で、焼き肉に関しても基本的に北海道民は、羊肉をよく食べます。他のエリアではジンギスカンと言われています。普段、公園などでは火気厳禁ですが、桜が咲き、花見の時期になると焼き肉OKとなり、どの花見の集まりでもジンギスカンが振る舞われます。これは季節を通して一年中食べられており、驚く事には海水浴場でもビーチパラソルの元で、普通に焼いている光景は、他の地域の方々から見ると異様な光景に映ります。しかし、道民にとってはこれは至って普通ですので、所変わればというものでしょう。

北海道は広大な土地ですが、どの土地へ行っても美味しいものあり、自然ありと見るもの全てが別世界に感じられる事でしょう。レンタカーを借りて来たの最果てを目指してみるのも、旅行の醍醐味と言えるのではないでしょうか。